忍者ブログ
北海道の老舗金物屋 4代目が徒然なるままに...。
* admin *
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11月22日はいい夫婦の日

以前紹介したかもしれないが
妻との結婚記念日です。

11月23日が祝日のため
子供を義父母に預かってもらい
二人で出掛けることにしている。

昨年はスイートテンということもで
妻に指輪を贈り、少しリッチな食事に出掛けたところ
意外と好評で、2~3日は円満であった。。。

今年は余り予算を掛けずに
1週間ぐらい円満になる方法を考えたが
思いつかず

結局小樽に行って寿司を食べることにした。

ホテルからタクシーに乗り
運転手さんに美味しい寿司屋に連れてって
と告げ、花園寿司屋通り近くの
何とか?という店に着く。

小奇麗でこじんまりとした店内だが
2階には宴会場もあり
隠れた名店らしい

運転手曰く
界隈では比較的良心的で美味しいお店
とのこと。

カウンターの端の席に着くと
先ずはビールと刺身を注文してみたが
お世辞にも褒めるほどのネタではなく
社交辞令程度に箸をつけ
おまかせで握りを注文してみた。

ようやく板さんにエンジンが掛かり
期待通りの寿司が出てきた。

刺身の注文の仕方が
勉強不足だったのだろうか?

飲兵衛の私なので、行き成り握りを注文することはまず無いが
一見の店でビックリするほどの刺身を食べたいと思ったら
どのように注文すればいいのだろう・・・
などと考えながら、
記憶の中では自身初のおまかせ寿司を一気に食べきる。

妻は満腹だと言うので
毛蟹とアワビをツマミとして、
さらに、小樽ワイン白のハーフボトルを追加する。

妻はボージョレーを飲みたいと言っていたが
寿司屋では叶わなかった。

何れにしても
前日ボージョレーを一気飲みして
痛い目に遭っていたので、
余り興味が無い私は

帰りにコンビニで買って帰ろう
などと適当になだめてみたりする。

プロフィールにもあるとおり
ワイン通でもないが、赤ワイン好きの私は
ボージョレーのようなライトなワインは
普段の食卓でも好んで飲むが
わざわざ記念日に高い金出してまで飲みたくなかった
が、正解かもしれない。

今年は何日円満に過せるかな~~~

小樽の夜が静かに更けていく。。。
PR
昨日は
北海道JCの役員の中で
三役と卒業年度の方は除外
にて、
ちょっとした打ち合わせ
と称した飲み会
が開催された。


まる田 七番蔵からはじまり

深夜迄に及ぶ予定が、、、

※七番蔵とはKJCの先輩でもあり地元の酒蔵が直営する、鶏料理を基調に自慢の地酒を飲ませてくれる、JCオヤジ泣かせなお店である。


この日本酒が曲者な訳で、

ちょっと飛ばし過ぎてしまう。。。

二軒目で解禁された
赤いエキスで
完全にノックアウトされてしまった。


気が付いたら
ホテルの部屋に全裸で横たわり
トイレには
メガネが放置されていた。
いつもより
少し早く目が覚めて

ちょっと清々し朝を迎えた。
※地区役員編は都合により打ち切りとなります。
悪しからずご了承ください。

しかし、この一年間は壮絶だった。

ブログに記そうかと思ったのは3月までで、、、

それからの出来事については
とても皆さんにお知らせする気にはならなかった。

ともあれ、
北海道JCの役員としての担いは
ほぼ全うすることが出来た。

5月3日の憲法タウンミーティングin北海道の
集客動員と、内容の構築。

7月の北方領土返還要求現地視察大会においては
晴天に恵まれたなか、貝殻島を肉眼で確認しながら
新たなアプローチの提案を。

そして、道内各地にて開催された
衆議院選挙マニフェスト型公開討論会及び合同個人演説会について、
更には市町村首長選挙においても公開討論会の開催を
後押しをする事が出来た。

興味の無いヒトには
だから何?的な活動であり、
以前の私もその一人であった。

誰かがやらなくては
変わらない世の中

自らが実行することで
その一助を担う

日本青年会議所の運動理念はこれなのだろう。

この運動の先頭に立ち
私に自らの担いを妥協する事無く遂行することの大切さを
身をもって教えてくれた人がいる。

自らの背中を見せながら
教えてくれた恩人は、先日この世を去ってしまった。

この男の生き様を
私はこの先、一時なりとも忘れることは
絶対にないだろう。

3月22日am
今朝はディズニーシーへ行く予定だ。

三井ガーデンホテル プラナ東京ベイには3日間お世話になったが、
オーシャンビューの大浴場と朝食のバイキングが最高にゴキゲンな
素晴らしいホテルだったよ~

玄関を出てみると!
物凄い強風だ~

17時半の飛行機で帰らなくてはいけないため
余り時間も無いのだが、

こんな天候ではシー行って波かぶるのが関の山。。。

ってことで、長女を説得して予定変更することにした。

荷物も多く、ここからタクシーで移動できるところには~
あった!お台場、ジョイポリス。

ちょうど東京マラソンの真っ最中ではあったが
特に交通規制の影響なく
お台場へ到着!

(浦安からは)意外と近いんだね~

ジョイポリスは屋内だから天候に関係なく楽しるし、
入場料も安いから
時間に関係なく気軽に入れたので好都合。

台場1丁目商店街(レトロ)などをブラブラして

お台場をあとにする。

りんかい線からモノレールに乗り継ぎ羽田へ
途中、乗り継ぎキップが無くなるハプニングがあったが、
日常茶飯事だから気にしない~気にしない~

空港でお土産買って、母のもとへたどり着いたのは20時
あずけていた次女(1歳半)を迎えに行く。

非常に貴重で有意義な3日間であった。

こんな機会をもてたのも
村本委員長(恵庭JC)のお陰です。

村本『室長、20日から22日の間でどれか一日東京で日程空けてください』
ワタクシ『え!?』
村本『憲法タウンミーティングのパネラーと打ち合わせしますんで・・・』
ワタクシ『あっ、うぅ、うん(。。)』

そして数日前、
村本『室長、やっぱり連休中はパネラーNGでした(苦)』
ワタクシ『え(汗)だって予約入れちゃったよ~』
村本『じゃあ、たまには家族でも連れて
          ディズニーでも行ってきたらイイじゃないですか!
          私生活に問題抱えてるんだから』
ワタクシ『・・・ふぁ~ そ、そだね~』

って、こんな会話が無かったら実現しなかった。

有り難う村本委員長。
私生活まで助けてくれて。。。
3月20日pm
そんな事でTDLに来ている

1dayパスを購入し
いざ入園してみると
まっしぐらに辿り着いた
スペースマウンテン!?

しかも150分待ち!!!
ありえない、普段なら絶対にありえないのだが、
長女の輝く瞳には敵わない。。。

ビールでも飲みながら待ってっかな~
と思ってブラブラしてみるも
ランドにはお父さんの癒しの場は無いようで

渋々長蛇の列へもどる。

それにしても思い出すな~少年時代
そして60分後
すっかりとあの頃の自分にタイムスリップしていた。。。

3月21日正午
日本青年会議所の通常総会に出席する為に
ビッグサイトへ

前段に行われた二大政党代表者と日本JC安里会頭による
緊急討論会では
会頭が『100年に1度の不況なのに・・・』
と両政党代表者に激しく詰め寄ると
緊迫した空気が流れるなど
非常にアカデミックでエキサイティングな内容で
遥々来た甲斐があった。。。

自分も北海道JCではこの手の討論会やパネルディスカッションを受持つ身として
こんなインパクトを観衆にアタエラレタラ最高なんだけどな~

会議終了後
家族と合流し、お土産等お買い物へ、

夕食は月島の”もんじゃ”

長女のリクエストだが
学生の頃、現在の妻とよく食べに来た懐かしい味だ。

私生活問題はやや解消された様子・・・
暫らくお休みしている間に
イロエロとあり・・・

詳しい説明は割愛

今日は2泊3日で東京に来ている。

日本JCの総会に参加する
というのがそもそもの理由だが、
今回はとある事情から
妻と長女が同行している。

プライベートな時間のほとんどを
JCに費やしている為
たまにはTDLにでもと思い・・・



つまりは日頃の罪滅ぼしってとこですかね・・・

しかし、ここではイロエロと気付きがあったのだった

(続きは次回)
4月12日のサケの稚魚放流に続き
本日サクラマスの魚卵放流を行った。

10万個という大量の有精卵を預かり
夕張川の支川である、阿野呂川と雨煙別川の上流の砂利層の瀬に
産卵床を作る作業が
意外ににしんどく、ハードな事業となった。

余談にはなるが
明日は道南森町に早朝から出向き
次年度の北海道地区の役員会に出席することもあり
体力は限界

しかし、夕方戻ってすぐ
明日の会議資料作成に取り掛かり
今に至る。

今日放流した魚卵は
来月の中旬には孵化し
来春には広大な日本海へ旅立つことだろう。。。

そして、数年後には大海原で鍛えられた
強靭な精神と
故郷の川に対しての望郷の念を引き下げて
この地に帰ってくるのだろう。

かつて僕らが経験したように。。。

今日参加してくれた子供たちもまた
大海原での様々な波風を乗り越えて
故郷の川の香りを思い出しながら
還ってきてくれるのだろうか、、、

そして、次代に繋げるまちづくりを
僕たちに代わり、続けてくれるのだろうか、、、

そんな期待と不安に胸膨らませながら、
2008年のぼくらの事業を振り返るのだった。。。

『踏みしめろ大地、踏みだせ一歩』

20名の栗山JCメンバーと共に歩んだ一年は

目まぐるしく変り行く時代の中で
忘れてはいけない故郷への思いと

時代と共に変り行く人々の心の中で
変らない一筋の明かりを感じながら

僕たちが率先して主体的に
このまちを作り上げるための
一助を担ったに違いない。

しかしこれは
ほんの僅かな通過点に過ぎないのかもしれない。

でもきっと、数年後帰ってくるサケマスのように
子供たちの記憶にはしっかりと刻まれたことだろう。

夕張川にサケを還したいという願いは
興味の無い市民にとっては単なるエゴに過ぎないのかもしれない。

ぼくたちはそのエゴを

地域の将来に大いなる明かりを照らし続ける大きな光として

これからも大事に考えて生きたい。

そして、未来ある子供たちにとって
ふるさとに対する誇りと郷土愛を根付かせる
そんな運動をこれからも展開しつづけたい。



サマーキャンプを無事終了し
早くも次年度理事長の選出時期が来た



8月の総会で2008年度理事長に内定してからは
もうすぐ1年が経過する

その間、残りの事業を進行しながら
次年度の構想を練り始める

先ずはスローガン等、事業方針と
それに伴った人選を進める

年間事業計画が固まったら
予算の振り分け

各方面へのご挨拶

地区やエリアの諸会議への出席

あっという間に1月のスタートを迎える



今年は14名という
情けないほどの少人数でスタートを切った訳だが


あんなに重要視していた筈の
会員拡大活動は

ほとんど手付かずであった


恐らく、歴代の理事長たちもそうであったのだろう



メンバーの会費から賄う事業費は
決して無駄には使えないし

外部からの協力依頼等も
引っ切り無しに来る

性格上、頼まれると何とかしたくなるのだが

メンバーの労力や会費からの出費が
必ず伴うので

基本は、理事会での承認が必要である


青年会議所の理事長って仕事は
想像以上にヘビーだ!


でも、やれるもんなら一度は経験して欲しい

苦労以上に価値のある『遣り甲斐』

恐らく、仕事以外では有り得ないだろう

いや、仕事では経験できない

とてもとても貴重な経験が出来るだろう


でも、2度目はご免だね~~

気持ちがボロボロになるから

だからこそ、任期は一年なんだね~~



今年は4名の新入会員にバッチを付けた

あと2名の入会も決まっている


来年は40周年の一大イベントが待ち構えている

一人でも多くのメンバーを獲得して臨みたい


おかげさんで、新しく入ったメンバーたちも

もう既に大きく事業に貢献してくれている

頼もしい限りだ


きっと、彼らの頑張りを見た廻りの連中も

JCに興味を持ってくれることだろう



大好きな栗山JCのために


もてる力を振り絞ろう


大好きなメンバーのために


オレが考える『真のハッピネス』ってやつを


精一杯デカイ声で伝えてやる!
7月12日~13日開催

毎年恒例の事業である

地域の小学校高学年の児童を対象に行っている
自然体験型のキャンプである

今回は、NPO三笠森水遊学舎さんのご協力による
ツリーイング(ロープを使った木登り)体験などを行う予定だ

地元の自然に大いに触れ合って
大きく成長して帰っていく子供の姿を想像すると
ワクワクしてならない。。。



そういえば、昨年のキャンプでは
夕張川をゴムボートで下った

これがきっかけで
サケの放流事業に
勢いがついた部分もある

JCでは、青少年育成事業をはじめ
地域のまちづくり、ひとづくりの事業を通じて
自分自身が成長できるよう取り組んでいるが

すべての取り組みは
いずれ自分に還ってくることがよく分かる

なぜなら、これら事業は関連性が無いようで
すべてがどこか深い場所で繋がっている

つまり、自分には関係ないことや
自分の利益にならない取り組みなんて
有り得ないということか?

解釈は別として

今、自分に課せられた課題を乗り越えることは
いずれ必ず自分の実になる日がやってくる

そう考えれば
出来ない理由を考えるのは
かなり損してはいないか?

 
 
 

ブログ王

人気ブログランキング

FC2ブログランキング


大そうご無沙汰になってしまいました

連日、夜な夜なお出掛け続きなわけで・・・

一般的には
旦那が家に帰ってこない=夫婦不仲!?
ってな具合に思われがちな訳で~~~

偶には一家団欒か欲しくなる今日この頃。。。

しかし、弱音は吐かないぜ^^


さて、『踏みしめろ大地、踏みだせ一歩』
のスローガンのもとスタートした
2008年栗山JC理事長としてのお仕事も
折り返しを過ぎ
そろそろ次年度理事長の選出選挙が控える

単年度制の組織ゆえ
慣れて気持ちが乗ってきた頃には
バトンタッチの準備をしなくてはいけない

しかし、まだまだ大きな事業が控えているため
肩の荷がおりる訳ではない

メンバー一同のモチベーションを
最高潮に乗せるべき
一番頑張らなくてはいけないのも
この時期かもしれない



さて、昨日は栗山青年会議所OB会の総会にお邪魔してきた

本来であれば
次年度理事長のお披露目も兼ねて
ご挨拶するところだが
予定者が決まっていないため
次年度未定者として
副理事長2名と専務理事の4名で伺った

先輩諸兄をまえに
緊張しながらも
今年の事業経過と
6名の会員拡大報告
そして、来る2009年度の
創立40周年記念式典に向けたお願いをチャッカリしてしまう




日付が替り
今日の午後
北広島JCの30周年記念式典に行って来た

我々同様に会員拡大にあえぐ
きたひろの頑張りに勇気を頂いた

会員拡大は急務である
しかし、少数でも固い結束と地道な運動精神を持ってすれば
大いに意義有る事業展開は可能である

我々も負けてはいられない

BACK NEXT
プロフィール
HN:
4代目
性別:
男性
自己紹介:
酒飲んでガヤガヤが好き

でも、
ホントは人が一番好き

結構なお節介

ビール・赤ワインが好き

あと、滝クリが好き

うがいがチョット苦手>_<
最新コメント
[05/12 Backlinks]
[01/14 ネ申]
[08/01 管理人4代目]
[08/01 ルパン一世@石狩市]
[07/09 禰宜]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: KJCブログ All Rights Reserved