忍者ブログ
北海道の老舗金物屋 4代目が徒然なるままに...。
* admin *
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月12日のサケの稚魚放流に続き
本日サクラマスの魚卵放流を行った。

10万個という大量の有精卵を預かり
夕張川の支川である、阿野呂川と雨煙別川の上流の砂利層の瀬に
産卵床を作る作業が
意外ににしんどく、ハードな事業となった。

余談にはなるが
明日は道南森町に早朝から出向き
次年度の北海道地区の役員会に出席することもあり
体力は限界

しかし、夕方戻ってすぐ
明日の会議資料作成に取り掛かり
今に至る。

今日放流した魚卵は
来月の中旬には孵化し
来春には広大な日本海へ旅立つことだろう。。。

そして、数年後には大海原で鍛えられた
強靭な精神と
故郷の川に対しての望郷の念を引き下げて
この地に帰ってくるのだろう。

かつて僕らが経験したように。。。

今日参加してくれた子供たちもまた
大海原での様々な波風を乗り越えて
故郷の川の香りを思い出しながら
還ってきてくれるのだろうか、、、

そして、次代に繋げるまちづくりを
僕たちに代わり、続けてくれるのだろうか、、、

そんな期待と不安に胸膨らませながら、
2008年のぼくらの事業を振り返るのだった。。。

『踏みしめろ大地、踏みだせ一歩』

20名の栗山JCメンバーと共に歩んだ一年は

目まぐるしく変り行く時代の中で
忘れてはいけない故郷への思いと

時代と共に変り行く人々の心の中で
変らない一筋の明かりを感じながら

僕たちが率先して主体的に
このまちを作り上げるための
一助を担ったに違いない。

しかしこれは
ほんの僅かな通過点に過ぎないのかもしれない。

でもきっと、数年後帰ってくるサケマスのように
子供たちの記憶にはしっかりと刻まれたことだろう。

夕張川にサケを還したいという願いは
興味の無い市民にとっては単なるエゴに過ぎないのかもしれない。

ぼくたちはそのエゴを

地域の将来に大いなる明かりを照らし続ける大きな光として

これからも大事に考えて生きたい。

そして、未来ある子供たちにとって
ふるさとに対する誇りと郷土愛を根付かせる
そんな運動をこれからも展開しつづけたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
無題
御無沙汰をしてます。
素敵な活動ですね。
将来の子供達が楽しみです。
Kamado 2008/10/26(Sun) 編集
YASUが出席す
YASUが出席するの?
BlogPetのかなもん URL 2008/10/26(Sun) 編集
TO Kamadoさん
コメント有難うございます

サケとサクラマスの放流は
還るまで続けて参ります

子供たちが将来ふるさと活躍してくれることをイメージしながら・・・
hello☆4代目 URL 2008/10/26(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
BACK HOME NEXT
プロフィール
HN:
4代目
性別:
男性
自己紹介:
酒飲んでガヤガヤが好き

でも、
ホントは人が一番好き

結構なお節介

ビール・赤ワインが好き

あと、滝クリが好き

うがいがチョット苦手>_<
最新コメント
[05/12 Backlinks]
[01/14 ネ申]
[08/01 管理人4代目]
[08/01 ルパン一世@石狩市]
[07/09 禰宜]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アクセス解析
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: KJCブログ All Rights Reserved